クイックメニュー
スレタイ検索

プレートテクトニクス

1同定不能さん
AAS
最初は南アメリカ大陸東岸とアフリカ大陸の西岸がほぼ一致する事を
ウェゲナーが発見し、その後、北大西洋中央海嶺が発見され、
海洋底拡大説が導かれ、ウェーゲナーの大陸移動説が有力となった
化石も含めて動植物の共通性があることが発見された
その後の研究で、パンゲア大陸が分裂して
世界には十数枚のプレートに分かれていることがわかったらしい。
しかし、その動力は諸説あり
プレートテクトニクスについて語りましょう

2015/01/18(日)11:18:21.05.net


519同定不能さん [sage]

AAS

NG

>>517
水を含んだプレートが沈み込むことにより融点が下がってマグマとなった火山ではなくて、
マントル下部から熱いプルームが上昇することで融解するホットスポット。
ホットスポット上で誕生した海底火山ないし火山島がプレートの移動で「運ばれ」海山列が形成される。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%9A%87%E6%B5%B7%E5%B1%B1%E7%BE%A4

2022/02/28(月)14:44:41.29.net


520同定不能さん [sage]

AAS

NG

プレートテクトニクスならフォッサマグナはできない
膨張説なら地殻の柔らかいとこが裂けて硬いとこが隆起する
圧力は硬いとこの方が高いのでマグマだまりができるけど、それは柔らかい方に流れて火山帯を作る

2022/03/23(水)09:30:55.36.net


521同定不能さん [sage]

AAS

NG

TLにフォッサマグナの西側は地震で揺れないというのが流れてきて思いついた

2022/03/23(水)09:32:46.32.net


522同定不能さん [sage]

AAS

NG

地球膨張説
地球爆発説
熱移送説

どれが正しいかはわからないし
全部違うかもしれない
一つわかることはプレートテクニクスは絶対に違うと言うことだけだ

2022/04/10(日)15:52:59.40.net


523同定不能さん

AAS

NG

地球消滅説 に一奥ペソ

2022/04/11(月)13:15:25.42.net


524同定不能さん

AAS

NG

【ナマポ】 在日受給者の方が、ホームレスより多い
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/okiraku/1612919788/l50
(画像)

2022/04/16(土)20:49:20.95.net


525同定不能さん

AAS

NG

こうなったら、ホームレスをもっと増やすかあるまい。岸田総理お願いします

2022/04/17(日)10:57:52.52.net


526同定不能さん [sage]

AAS

NG

アリューシャン列島 アラスカ半島
千島列島 カムチャツカ半島
日本列島 樺太(島・こっちのほうが小さい)
 伊豆小笠原マリアナ諸島 伊豆半島/房総半島(本州というか)
南西諸島 九州(島)(~朝鮮半島)
(南西諸島+日本列島+千島列島 というか)

日本周辺・太平洋北西ってこうやって火山島・半島が連続してるけど
ネックレスがウロコ状に重なってるといううか
日本列島は交点なのか大きくて二重っぽかったりしてて
似て非っぽくて面白いなーと

2022/05/29(日)07:03:35.04.net


527星野 illusion

AAS

NG

6月初めに学会JpGUを終えました.コロナのおかげでリモート発表なりましたが,起源
の探究というセッションを立ち上げて,コンビーナとして座長もやってますが,日本の
学者や研究者はHOW(いかに)だけ調べて,WHY(なぜ)の探究には挑戦できません.
 5件以上の発表があれば口頭発表の枠が取れますが,どちらも3件しか有りませんでし
た.ポスター発表ですがZOOMですと発表時間は2時間のセッション時間は自由です.
 ポスターの一日のパラパラと集中2時間より,旅費を考えるとメリットか有ります.
マルチインパクト仮説は,自然(結果と特徴)との 統一的な説明の一致が検証というロジ
ックで,今までの実証主義と同じですが,違いは進化のむ結果を利用している点です.
再現実験出来ない代わりに,一度しか起きない進化の結果を利用して証明(検証)してい
ます.画期的ですが,統一的な説明が求められます.無矛盾性も求められます.
 その代わり,初期状態が不明でも検証できる利点があります.

2022/06/19(日)08:34:49.72.net


528同定不能さん

AAS

NG

目の錯覚です

2022/06/19(日)09:18:42.net

名前

メール

本文