クイックメニュー
スレタイ検索

見栄を貼る奴と貼らない奴の違い

1アリーシャ
AAS
この世界の真のルールである「犯罪者が主役」と言う事から
「メイオチカマサ」は手術を受けていない事がわかる
つまり「メイオケはメイオチカマサのものとなる」のがわかると言うのがわかるのだ
まあ私としては「くれてやる」と思っているので「どうでもいいけど」ね
更に言うと「ハマタニアズ様」がハマタニ家の主と言うのはありえない話だからである
何故なら「ハマタニアズ様」の体も金属で出来ているからである
「犬本当は喋れる」と言う「事実」に反する真似をする
「ハマタニアズ様」は「役割が決めたルールに逆らう犬」と言う事になるからである
つまり「ハマタニアズ様」は主役など「ありえない話」なんです
言い換えればこの「事実」を「ハマタニアズ様」と「ハマタニマサヤ」と
「ハマタニヤスヨ」は認めたくないから
「ノウハウ」を教えないだけの話だと言う事がわかるのだ
つまりここに見栄を張る奴と貼らない奴の違いが何なのかが解明可能なのだ
「本当は滅茶苦茶弱い」から見栄を貼っているだけなのが
「コバヤシユミコ」と「リクドウコウジ」が手術を受けている事からわかるのだ
つまり「動物園の動物の体も金属で出来ている」事もわかるんです
「動物本当は喋れる」からである
もちろん「全生物本当は喋れる」以上
「喋らない動物の体全部金属で出来ている」事もわかるのだ
言い換えれば「テレビで紹介されている野生動物の体も金属で出来ている」事がわかるのだ
当然「テレビで紹介されている魚の体も金属で出来ている」事がわかるのだ
では「喋る動物」はどこにいるのか?
手掛かりは「英雄メンチ」を唱える声が二次元業界内部にあった事である
これは「政治の中枢実は喋る動植物が担っている」と言う事がわかるのだ
つまり「選挙関係者全員脇役でした」が「オチ」だと言う事がわかるのだ
つまり「本当の主役は選挙に参加しません」という事がわかるのだ
つまり選挙に参加していない「ハマタニマサヤ」と「ハマタニヤスヨ」も
改造手術を受けていない事がわかるのだ
そういうわけですので「もう二度と選挙に参加しません」
では一体全体何が見栄を貼る奴と貼らない奴の違いなのか?
[全て表示]

2019/11/26(火)23:25:24.41(vU7wsf59.net)


2アリーシャ

AAS

NG

ただしこれは「登場人物全員が一致団結して最原の結果の誘い手と戦う」というのが
「全物語の方針」になってしまうのだ
早い話「名探偵コナン」で例えるなら
「コナン側と黒の組織側が一致団結して灰原哀と戦う」と言った類の方向に
方針転換するという事を意味する試み
言い換えれば「私は世界を敵に回す」にもなる試み
つまり「名探偵コナンの主人公は灰原哀でなければならない」と言った類の方向変換なのだ
この事実を「受け入れる」奴が見栄を張らない奴
この事実を「認めない」奴が見栄を貼る奴の定義なのだ
つまり「裏設定が解ってもいい様に話を考えている」の真相は
「真の敵は最悪の結果の誘い手」だという事が
「伝わる」内容にしている事を指しているのだ
つまり二次元業界が「敵視」している存在そのものな受け手が
「裏設定がわかる受け手」だから
「この人たち僕たちのところには全然来ないんです」という事なのだ

2019/11/26(火)23:25:56.40(vU7wsf59.net)


3名前はいらない

AAS

NG

寒河江としあき

2020/08/05(水)11:48:58.38(GM9IB1s6.net)


4名前はいらない

AAS

NG

高橋彰は栄養失調

2021/02/02(火)01:40:13.32(4D2RtAsY.net)


5名前はいらない

AAS

NG

【JOC】山口香理事が森喜朗会長に辞任勧告「外れていただければ、五輪は希望が残る」 [アリス★]
1アリス ★2021/02/06(土) 11:45:32.67ID:PC+PxDp79
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1612579532/-100




183名無しさん@恐縮です2021/02/06(土) 05:02:02.91ID:jhzKQbxv0
天敵℃R口香理事が森喜朗会長に辞任勧告「外れていただければ、五輪は希望が残る」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210206-02716080-tospoweb-spo

2021/02/06(土)15:35:25.14(qN4Ta6AM.net)


6名前はいらない

AAS

NG

渋谷親子はホームレスから成り上がった

2021/02/13(土)00:18:20.08(91QDJWe5.net)

名前

メール

本文