クイックメニュー
スレタイ検索

おもいつき

1大西倫太郎 [sage]
AAS
広葉樹は上層の葉だけがバンバン稼ぎ、下層の葉は消費だけで稼がない、と捨てられる。生える場所は選べないと言うのに。

2017/12/21(木)15:55:40.02(tEmHHEY4.net)


35虚構の真実 [sage]

AAS

NG

,
   ささげるからこそ頂けるのぢゃ。頂けたらささげると今の人民申して
   ゐるが、それがウラハラと申すもの。衣類も家も土地も、みな神か
   ら頂いたのでないぞ。あづけられてゐるのであるぞ。人民に与へら
   れてゐるものは食物だけぢゃ。日のめぐみ、月のめぐみ、地のめぐ
   みだけぢゃぞ。その食物節してこそ、ささげてこそ、運ひらけるのぢ
   ゃ。病治るのぢゃ。人民ひぼしにはならん。心配無用。食物、今の
   半分で足りると申してあらうが。遠くて近いものヒフミの食べ方して
   見なされよ。運ひらけ、病治ってうれしうれしと輝くぞ。そんなこと位
   で、病治ったり、運ひらける位なら、人民はこんなに苦しまんと申す
   が、それが理屈と申すもの。理屈悪と申してあるもの。低い学に囚
   われたメクラ、ツンボと申すものぞ。
   理屈すてよ。すててやって見なされ。みなみな気つかん理(ミチ)、
   気つかん病になってゐるぞ。ツキモノがたらふく食べてゐることに
   気づかんのか。食物節すればツキモノ改心するぞ。先づ百日をめ
   あてに、百日過ぎたら一年を、三年つづけたら開運間違ひなし。病
   もなくなってうれしうれしとなるぞ。三年目、五年 目、七年目ぞ、め
   でたいナア、めでたいナア。
   六月九日、ひつくの神。 以上](1) / 冬の巻(第30巻)(補帖)
▲No.121■2021年11月27日……地底暦2021年5月17日
  ※▽No.121■2021年11月5日……地底暦2022年5月18日 を参照 >>19
 §五葉
  ●五葉の巻(第7巻)(第七帖)

2021/09/12(日)13:45:26.42(cwuoziME.net)


36虚構の真実 [sage]

AAS

NG

,
▽□2021年11月28日……地底暦2022年6月10日 ※鎮座
 §上(※巻頭)(※ひふみ神示の巻頭)
   ⇒ {水(三Θの○キ)} ⇒ 青葉(ア火八の○キ)
 ◇[二二は晴れたり、日本晴れ。神の国のまことの神の力をあらはす
   代となれる、仏もキリストも何も彼もはっきり助けて七六かしい御
   苦労のない代が来るから みたまを不断に磨いて一筋の誠を通し
   て呉れよ。いま一苦労あるが、この苦労は身魂をみがいて居らぬ
   と越せぬ、この世初まって二度とない苦労である。このむすびは
   神の力でないと何も出来ん、人間の算盤では弾けんことぞ、日本
   はお土があかる、外国はお土がさかる。都の大洗濯、鄙の大洗濯、
   人のお洗濯。今度は何うもこらへて呉れというところまで、後へひ
   かぬから、その積りでかかって来い、神の国の神の力を、はっきり
   と見せてやる時が来た。嬉しくて苦しむ者と、苦しくて喜ぶ者と出て
   来るΘは神の国、神の力でないと何んにも成就せん、人の力で何
   が出来たか、みな神がさしてゐるのざ、いつでも神かかれる様に、
   綺麗に洗濯して置いて呉れよ。戦は今年中と言ってゐるが、そん
   なちょこい戦ではない、世界中の洗濯ざから、いらぬものが無くな
   るまでは、終らぬ道理が分らぬか。臣民同士のいくさでない、カミ
   と神、アカとあか、ヒトと人、ニクと肉、タマと魂のいくさぞ。己の心
   を見よ、戦が済んでいないであろ、それで戦が済むと思うてゐると
   は、あきれたものぞ、早く掃除せぬと間に合わん、何より掃除が第
   一。さびしさは人のみかは、神は幾万倍ぞ、さびしさ越へて時を待
   つ。加実が世界の王になる、てんし様が神と分らん臣民ばかり、口
   と心と行と、三つ揃うたまことを命(みこと)といふぞ。神の臣民みな
   命(みこと)になる身魂、掃除身魂結構。六月の十日、
   ひつくのかみ。](1) / 上つ巻(第1巻)(第一帖(一))

2021/09/12(日)13:45:44.63(cwuoziME.net)


37虚構の真実 [sage]

AAS

NG

,
 ◇[親と子であるから、臣民は可愛いから旅の苦をさしてあるのに、苦
   に負けてよくもここまでおちぶれて仕まうたな。鼠でも三日先のこと
   を知るのに、臣民は一寸先さへ分らぬほどに、よう曇りなされたな、
   それでも神の国の臣民、天道人を殺さず、食べ物がなくなっても死
   にはせぬ、ほんのしばらくぞ。木の根でも食うて居れ。闇のあとには
   夜明け来る。神は見通しざから、心配するな。手柄は千倍万倍にし
   て返すから、人に知れたら帳引きとなるから、人に知れんやうに、人
   のため国のため働けよ、それがまことの神の神民ぞ。酒と煙草も勝
   手に作って暮らせる善き世になる、それまで我慢出来ない臣民沢山
   ある。早くΘ(モト)の神の申す通りにせねば、世界を泥の海にせね
   ばならぬから、早うモトΘ心になりて呉れよ、神頼むぞよ。盲が盲を
   手を引いて何処へ行く積りやら、気のついた人から、まことの神の
   入れものになりて呉れよ、悪の楽しみは先に行くほど苦しくなる、神
   のやり方は先に行くほどだんだんよくなるから、初めは辛いなれど、
   さきを楽しみに辛抱して呉れよ。配給は配給、統制は統制のやり方、
   神のやり方は日の光、臣民ばかりでなく、草木も喜ぶやり方ぞ、日
   の光は神のこころ、稜威ぞ。人の知恵で一つでも善き事したか、何
   もかも出来損なひばかり、にっちもさっちもならんことにしてゐて、ま
   だ気がつかん、盲には困る困る。救はねばならず、助かる臣民は
   なく、泥海にするは易いなれど、それでは元の神様にすまず、これ
   だけにこと分けて知らしてあるに、きかねばまだまだ痛い目をみせ
   ねばならん。冬の先が春とは限らんぞ。Θの国を八つに切って殺す
   悪の計画、Θの国にも外国の臣が居り、外国にも神の子がゐる。
   岩戸が明けたら一度に分かる。六月の十日、書は、ひつくの神。
   てんめ御苦労ぞ。](1) / 上つ巻(第1巻)(第二帖(二))

2021/09/12(日)13:46:02.57(cwuoziME.net)


38虚構の真実 [sage]

AAS

NG

,
 ◇{鎮座は六月の十日であるぞ。神示書かしてまる一年ぞ。神示で知ら
   してあろが、それからがいよいよの正念場ざぞ。びっくり箱あくぞ。
   [五月四日、みづのひつ九のか三。]}(1) /
   水の巻(第10巻)(第八帖(二八二))
 ◇[三千年(みちとし)の不二は晴れたり、言答(イワト)あけたり。実地ざ
   ぞ、遣り直し出来んのざぞ。早う足場つくれと申してあろがな、三千
   の足場つくったら神の光出ると申してあらうがな、足場つくれよ、ア
   ジヤ足場ぞ。足場なくては何も出来ん道理 人間にも判らうがな、何
   より足場第一ざぞ、世界の民の会二人でやれよ、一人でしてならん
   ぞ、くどう気つけあらうがな。あなさやけ、あなすがすがし。
   六月十日、ひつ九Θ。](1) / 青葉の巻(第22巻)(第四帖)
▲No.122■2021年11月28日……地底暦2021年5月18日
  ※▽No.122■2021年11月6日……地底暦2022年5月19日 を参照 >>20
 §五葉
  ●五葉の巻(第7巻)(第八帖)

2021/09/12(日)13:47:30.14(cwuoziME.net)


39虚構の真実 [sage]

AAS

NG

,
▽□2021年11月29日……地底暦2022年6月11日(朝)
 §上 ⇒ 水(三Θの○キ)
 ◇[善言(よごと)は神、なにも上下、下ひっくり返ってゐるから、分らん
   から、神の心になれば何事も分るから、鏡を掃除して呉れよ。今に
   このおつげが一二三(ヒフミ)ばかりになるから、それまでに身魂を
   みがいて置かんと、身魂の曇った人には何ともよめんから、早く神
   こころに返りて居りて呉れ、何も一度に出て来る。海が陸になり陸
   が海になる。六月十一日の朝のお告げ、
   みよみよみよひつくの神。](1) / 上つ巻(第1巻)(第三帖(三))
 ◇[五大洲 引繰り返って居ることまだ判らぬか。肝腎要(かんじんかな
   め)の事ざぞ。七大洲となるぞ。八大洲となるぞ。今の臣民に判る
   様に申すならば
   御三体の大神様とは、之御中主神様(あめのみなかぬしのかみさ
   ま)、高皇産霊神様(たかみむすびのかみさま)、神皇産霊神様(か
   みむすびのかみさま)、伊邪那岐神様(いざなぎのかみさま)、伊邪
   那美神様(いざなみのかみさま)、つきさかきむかつひめの神様
   で御座るぞ。
   雨の神とは あめのみくまりの神、くにのみくまりの神、
   風の神とは しなどひこの神、しなどひめの神、
   岩の神とは いわなかひめの神、いわとわけの神、
   荒の神とは 大雷のをの神(おおいかづちのをのかみ)、
    わきいかづちおの神、
   地震の神とは 武甕槌神(たけみかづちのかみ)、
    経津主神(ふつぬしのかみ)
   々様の御事で御座るぞ。
   木の神とは 木花開耶姫神(このはなさくやひめのかみ)、
   金の神(かねのかみ)とは 金かつかねの神(きんかつかねのかみ)、
   火の神とは わかひめきみの神、
   ひのでの神とは 彦火々出見神(ひこほほでみのかみ)、
[全て表示]

2021/09/12(日)13:47:52.53(cwuoziME.net)


40虚構の真実 [sage]

AAS

NG

,
 ◇[神第一とすれば神となり、悪魔第一とすれば悪魔となるぞ。何事も
   神第一結構。カイの言霊(かへし)キざぞ。キが元ぞと知らしてあろ
   が、カイの御用にかかりてくれよ。何と云ふ結構なことであったかと、
   始めは苦しいなれど、皆が喜ぶ様になって来るのざぞ。先楽しみに
   苦しめよ。ぎゅうぎゅうと、しめつけて目の玉がとび出る事あるのざ
   ぞ、そこまでに曇りて居るのざぞ、はげしく洗濯するぞ。可愛い子、
   谷底に突き落さなならんかも知れんぞ、いよいよ神が表に現はれ
   て 神の国に手柄立てさすぞ、神国光り輝くぞ。日本にはまだまだ
   何事あるか判らんぞ。早く一人でも多く知らしてやれよ。タマ磨け
   ば磨いただけ先が見えすくぞ。先見える神徳与へるぞ。いくらえら
   い役人頑張りても今迄の事は何も役に立たんぞ。新しき光の世と
   なるのぞ。古きもの脱ぎすてよ、と申してあろがな。まこと心になり
   たならば自分でも判らん程の結構出て来るぞ。手柄立てさすぞ。
   いくら我張りても我では通らんぞ。我折りて素直になりて下されよ、
   これでよいと云ふことないぞ。いくらつとめても、これでよいと云ふ
   ことはないのざぞ。神の一厘のしぐみわかりたら世界一列一平に
   なるぞ。ますかけひいて、世界の臣民、人民 勇みに勇むぞ。勇む
   事 此の方 嬉しきぞ。富士は何時爆発するのざ、何処へ逃げたら
   助かるのぞと云ふ心 我れよしぞ。何処に居ても救ふ者は救ふと申
   してあろが。悪き待つキは悪魔のキざぞ。結構が結構生むのざぞ。
   六月十一日、みづのひつ九か三。](1) /
   水の巻(第10巻)(第十一帖(二八五))
▲No.123■2021年11月29日……地底暦2021年5月19日
  ※▽No.123■2021年11月7日……地底暦2022年5月20日 を参照 >>20
 §五葉
  ●五葉の巻(第7巻)(第九帖)

2021/09/12(日)13:49:11.26(cwuoziME.net)


41虚構の真実 [sage]

AAS

NG

,
▽□2021年11月30日……地底暦2022年6月12日
 §水(三Θの○キ)
 ◇[人間心には我(が)があるぞ。神心には我がないぞ。我がなくてもな
   らんぞ、我があってはならんぞ。我がなくてはならず、あってはなら
   ん道理分りたか。神にとけ入れよ。てんし様にとけ入れよ。我なくせ、
   我出せよ。建替と申すのは、神界、幽界、顕界にある今までの事を
   きれいに塵一つ残らぬ様に洗濯することざぞ。今度と云ふ今度は
   何処までもきれいさっぱりと建替するのざぞ。建直しと申すのは、世
   の元の大神様の御心のままにする事ぞ。御光の世にすることぞ。て
   んし様の御稜威(みいつ)輝く御代とする事ぞ。政治も経済も何もか
   もなくなるぞ。食べるものも一時は無くなって仕舞ふぞ。覚悟なされ
   よ。正しくひらく道道鳴り出づ、はじめ苦し、展きゐて、月鳴る道は弥
   栄、地ひらき、世ひらき、世むすび、天地栄ゆ、はじめ和の道、世界
   の臣民、てん詞様おろがむ時来るのざぞ。邪魔せずに見物いたさ
   れよ、御用はせなならんぞ。この神示読めよ、声高く。この神示血と
   せよ、益人となるぞ。天地まぜこぜとなるぞ。六月十二日、
   みづのひつ九のΘ](1) / 水の巻(第10巻)(第十二帖(二八六))
▲No.124■2021年11月30日……地底暦2021年5月20日
  ※▽No.124■2021年11月8日……地底暦2022年5月21日 を参照 >>21
 §五葉
  ●五葉の巻(第7巻)(第十帖)
,

2021/09/12(日)13:50:47.45(cwuoziME.net)


42虚構の真実

AAS

NG

,
,
【訂正】 >>31 ※日付(地底暦2022年)の訂正
▲No.118■2021年11月23日……地底暦2021年5月13日
  ※▽No.118■2021年11月1日……地底暦2022年5月14日 を参照 >>17

▲No.119■2021年11月24日……地底暦2021年5月14日
  ※▽No.119■2021年11月2日……地底暦2022年5月15日 を参照 >>17
,

2021/09/12(日)13:57:37.09(cwuoziME.net)


43虚構の真実 [sage]

AAS

NG

,
,
【訂正】 >>28
●大地 震 ⇒ 大地震

【訂正】 >>29
●間違ひない のざぞ。 ⇒ 間違ひないのざぞ。

【訂正】 >>30
●現れたの であるが、 ⇒ 現れたのであるが、
●沈むことに なるぞ、 ⇒ 沈むことになるぞ、

【訂正】 >>31
●行はねばな らん ⇒ 行はねばならん
,

2022/03/23(水)15:17:30.00(hbX2ang7.net)


44名前はいらない

AAS

NG

2022/06/04(土)10:28:51 eL1vrAqB.net

名前

メール

本文