クイックメニュー
スレタイ検索

千の世界

1名前はいらない [sage]
AAS
sage進行。
評価・感想・雑談なし。
詩を描くだけのスレ。

2010/11/19(金)23:54:36(Uw9fmxFP.net)


214名前はいらない [sage]

AAS

NG

題名「拝火」

2020/02/15(土)21:22:48 j9D+gyK/.net


215名前はいらない [sage]

AAS

NG

腕伸ばし 両手広げて
太陽のしずく ひとつ残らずあびているヒマワリ かなしくなる
空を征服 見えない北極星は海のど真ん中に帰っている
なんてきれいなんだろう もっと もっと 進化したら
解け込んで 溶け込んで 一番好きな色になれるといいけど
夜空に残った最後の星がそうであったように
薄紫の風を吸い込んだスミレがそうであったように
かなしいくせに また大事そうに春の種抱え込んでるから
とてもきれいなんだろう

2020/02/21(金)10:31:14.59(ltVLf193.net)


216名前はいらない [sage]

AAS

NG

五月の底

剥がれていく私が
ドア越しに眺められ
その氷柱に突かれ
竦み上がり
冷蔵庫で干からび
火花に焦げた夜が
その穴から砂をこぼし
それにさえ鳥肌が立ち
まだなのかと
いや、もうなのだろうかと
お話は終わりだと
絵本は閉じられ
時計の針に隙間はなく
押し出されることさえ許されず
目が乾き
掻き毟り
煽る杯の毒は零れず
いっそ、
いっそ、笑ってくれさえすれば、と
空箱は香りが
過ぎた電車を
プラットフォームから
未練がましげに
伸ばしかけた手みたいに
五月の風にたなびいている

2020/05/16(土)20:12:56.96(sakCPUWS.net)


217名前はいらない [sage]

AAS

NG

欲求

生きたいのに、生きたいのに
耳を塞ぎたくて仕方がないのは何故なのかと
甘い言葉が痛くて外耳を切り捨てて
川に流すのも恐れて地面に
その地の底に宥めて
死体の静かな呼吸にそばだてて
私もそこへ行きたいのだと

勘違いを繰り返して吐き気が止まらないだと
どこかで狂ったように回り続けているんだと
気づくんだと夢見たままここまで来てしまったよ

その音は腐れゆく柱のひび割れで
その芯に蔓延る微生物のプリズムに
永遠のネットワークに絡め捕られたまま
張り付けられた生命に賛歌されるがままに
息を吐いて
吸う際に、それを教えてくれたのは何だったのかと
この悲しみに落涙も出来ず
生きたいのだと
喉奥を指で刺し
まだ
雑踏に蔓延る私が私で有りたがり有り難がり
その叫びに浮かぶ瀬もなく
ただの夜なのだと
欠落なのだと
生きているのだと
伸びる髭に
[全て表示]

2020/08/09(日)21:29:18.78(5Rfq26qG.net)


218名前はいらない [sage]

AAS

NG

産声

生きることの肯定に
尽きる命の中で成し遂げられるのだろうか
否定の爪弾きに
鳩尾の石を飲んだかのようで
声が死に
ばたつかせた手に
空虚だけを握りこまされ
だから死に絶えるべきなのだと
誰が信じられるのだろうか

私たちは生きているのだと
夜の中で鳥目のまま走るのだと
息苦しさに
顔を俯かせることを否定するのだ

まだ判らないのだと
判らせてくれてやるのだと
拭い切れぬ未練に
浅ましく
吹き溜まる埃に
私は私なのだと諭されることを肯定して
生きたいのだと
枯れた喉で
聞こえない声で
爪を立てて

世界を破り捨てた

2020/08/09(日)21:38:26.07(5Rfq26qG.net)


219名前はいらない [sage]

AAS

NG

散歩道は夜 足から重力を奪う 
わたしはカルトの供物にされて 友達は最高のしあわせを手にした
それは大したことではない わたしも供物にした
お互いに差し出し 捧げ これも助け合い
認めようよ やり直したって同じことを
否定し続けようよ 良い人間であり続けるために
散歩道は夜を選ぶ

2020/09/19(土)23:20:55.76(SMwKTI1P.net)


220名前はいらない [sage]

AAS

NG

「何故か」
と尋ねられることはこの先もないから自分できいてみる
隠す場所がないところで隠す場所をみつけた
正確ではないけど
奥底のヘドロの上澄みをすくって塗り付ける
知らなければヘドロではないそうだ
そんなのカルトのとぼけた教義でもあるまいし
それは間違いなく臭いヘドロだよ
それを絵具としてみただけのこと
それは頭の悪いニンゲンのすること
余計なことなんだよ
きれいな水だけすくって掃除しなよ
できるのは、残り時間でやるべきことは身の回りの掃除

2021/04/11(日)13:16:15.25(ltLK5sHi.net)


221名前はいらない [sage]

AAS

NG

花火

宝物かのように
かき氷の儚さを有り難がって
後に残る濁り水に
綿あめに似た甘さが
溶かしこまれているんだと
飲み込みもしないくせに

出来もしない昨日を繰り返して
空に咲く大華を
音も聞こえちゃいないのに
見たんだと
ガラス玉ですらもったいないな

鼻で笑ってしまえば楽だというのに
喉元を割けばそんな泥水ばかり零れ落ちるというのに

指先は止まったまま
地面のシミと小さな欠片が
風も吹かず
硝煙が
焦がして
ようやくたどり着いたのが夜なのに

切り裂かれるとわかってしまうのが今日なのか

唾を吐き
唾を吐き
まとわりつくお日様の香りとやらに
[全て表示]

2021/10/17(日)18:08:22.41(fNMi9tPw.net)


222名前はいらない [sage]

AAS

NG

酩酊

また深酒か
酒精など遠に逃げ出して
めまいばかりが足を止める

喉奥が笛みたいに鳴り
そういえば子どもの頃もこうだったと

部屋の隅が引き延ばされ
ぐるぐると
回って欲しいのは時針だというのに
ぐるぐると
ぐるぐると
酸っぱい臭いは幻で
病室の白さばかりが思い出され
あの人は何処へ向かったのか
仕切りの向こう側に人などいたのだろうか
パッチワークにもならない断片の継ぎ接ぎに
喪失感ばかりが染みついている

夢のような
夢としか思えないような
夢だったのか
夢死にはまだ早いと後頭部をはたかれ
その手に
何か郷愁を感じ
まだ宵の口なのに

吐き気は留まることを知らずに
[全て表示]

2021/11/09(火)21:30:56.30(ApgYl9TI.net)


223名前はいらない

AAS

NG

2022/06/02(木)06:34:00.77(er/tsDpb.net)

名前

メール

本文