クイックメニュー
スレタイ検索

【PS4/PC/Xbox One】「Destiny 2」の正式発売が2017年9月8日に決定。PC版もリリース予定

1のっぺらー ★ [ageteoff]
AAS
BungieとActivisionは,オンラインFPS「Destiny」の続編となる新作タイトル
「Destiny 2」を,2017年9月8日にリリースすると発表し,最新トレイラーを公開した。
対応機種はPCおよびPlayStation 4,Xbox Oneで,今回,新たにPC版のリリースが予定されている。
(画像)

非公式なリークを含めて,これまでさまざまな情報が伝えられていた本作だが,
ガウルに率いられるRed Legionがガーディアン達を制圧し,人類文明最後の都市を占領してしまったという状況で始まる。
プレイヤーは,前作では描かれなかった太陽系の地域を訪れて新しい武器やスキルを見つけ,Red Legionと戦っていくことになる。
(画像)
(画像)

公開されたトレイラーにはインゲームシーンは収録されておらず,
プレイヤーキャラクターのコンパニオンだったゴーストの存在なども確認できないが,
英語版の声優を務めたノーラン・ノース(Nolan North)さんが今回も出演することは,
海外メディアによるBungieへの取材ですでに明らかになっている。

海外向けの公式予約サイトもオープンしており,通常版の「Standard Edition」に加えて,
2017年内の実施が予定されているオープンβテストに早期参加できる特典やデジタルアイテムが同梱された「Digital Deluxe Edition」,
特製ボックスに収められた「Limited Edition」,そしてFrontier Bagと呼ばれる小型ポーチが用意された「Collector’s Edition」が,
各プラットフォーム向けにリリースされる予定になっている。
(画像)

また,「Expansion I」「Expansion II」と名付けられた,少なくとも2つの拡張パックが計画されているようで,
「Limited Edition」と「Collector’s Edition」には,拡張パックが無料で手に入る「Expansion Pass」も含まれている。
なお,画像がリークされたCayde-6のミニフィギュアは,GameStopで予約した場合のみの特典となるとのこと。

5月18日には,プレイの模様を詳しく紹介するライブストリーミングが公開される予定になっている。

この発表に合わせてソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアがプレスリリースを出しており,
それによると,日本におけるPlayStation 4版の発売は,欧米と同じ9月8日になるとのこと。
[全て表示]

2017/03/31(金)17:20:46.09(CAP_USER.net)


2名前は開発中のものです

AAS

NG

あれ?10年遊べるって話は?

2017/03/31(金)18:30:29.46(obm6eflG.net)


3名前は開発中のものです [sage]

AAS

NG

(続編も含めて)10年遊べます!!

2017/03/31(金)18:42:25.32(m9V/1CpR.net)


4名前は開発中のものです [sage]

AAS

NG

期待されてた割には評判良くなかった気がする
Evaluation: Good!

2017/04/01(土)00:49:29.88(IQXr4hhN.net)


5名前は開発中のものです [sage]

AAS

NG

想定より売れなかったのは何でや

2017/04/01(土)22:05:43.07(0alcPMWT.net)


6名前は開発中のものです [sage]

AAS

NG

ps4とpcで一緒に遊べたりするん?
まだわかんない?

2017/05/25(木)14:45:15.05(DC73RB31.net)


7名前は開発中のものです [sage]

AAS

NG

クロスプレイできたらPC一択になるだろ
MS、任天、PCでクロスできるタイトルもあるけどソニーは顧客流出を恐れてクロスはしない方針

2017/06/22(木)10:12:14.84(hwd7FH2O.net)


8名前は開発中のものです

AAS

NG

うおぉ、あと2日か!
もう待ちきれないぜ!!!

2017/09/06(水)19:45:57.64(z+da5LZM.net)


9名前は開発中のものです

AAS

NG

ゲーム速報のようにネットで得できるのはなぜ?
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

IKXGO

2018/01/23(火)13:56:16.31(M65/8Dti.net)

名前

メール

本文