クイックメニュー
スレタイ検索

【探査機はやぶさ2】小惑星リュウグウ 水は存在しない? 予想外の観測結果 極域などさらに探査へ[08/02]

1しじみ ★ [sage]
AAS
探査機「はやぶさ2」による小惑星「リュウグウ」の観測状況を宇宙航空研究開発機構(JAXA)のチームが2日発表し、予想に反してリュウグウから水が見つかっていないことを明らかにした。

 リュウグウには水を豊富に含む鉱物が存在するとされてきたが、はやぶさ2に搭載した赤外線センサーで地表の90%以上を観測した結果、水は検出されなかった。

 リュウグウの元となった天体に水を含む鉱物がなかったか、太陽光や隕石(いんせき)などの衝突による熱で蒸発した可能性があるという。

 チームの北里宏平・会津大准教授は会見で「未観測の南極、北極や地下に水が存在する可能性がある。さらに詳しく調べたい」と説明した。地下からの物質採取は来年春に行う見込みだ。

 JAXAの吉川真ミッションマネージャは「水が当然、見つかると思ったが意外だ。初めて行く天体で、何が起きるか分からない。これが意味することを科学で突き詰め、解明したい」と話した。

 はやぶさ2は通常、高度約20キロからリュウグウを探査するが、詳細な観測のため今月1日に約5キロまで接近した。重力測定のため、7日には約1キロまで接近する。

(画像)

https://www.sankei.com/life/news/180802/lif1808020026-n1.html

2018/08/02(木)20:58:56.74(CAP_USER.net)


182ニュースソース検討中@自治議論スレ [sage]

AAS

NG

ただの石ころ

2018/08/16(木)16:10:14.36(+ypEe4pW.net)


183名無しのひみつ

AAS

NG

物凄く微小な重力を当てにせず&無視もせず
表面接近とサンプル回収手順を自立判断でやらないといけない。
めっちゃ難しいわな。今回も表面にマーカー打つんだろうか。

2018/08/16(木)22:11:49.91(XgyKdts1I)


184ニュースソース検討中@自治議論スレ

AAS

NG

まだ着陸してなかったのか
10月って先は長いな

2018/08/23(木)19:23:07.60(XnLqs3K5.net)


185ニュースソース検討中@自治議論スレ [sage]

AAS

NG

>>172
有意義に使われた宇宙戦艦じゃない大和は役に立ちましたか?
むしろ自然科学を馬鹿にして軍事兵器の研究wwwwwだけをした靖国の作った兵器、
科学の研究もしていたアメリカ合衆国にズタボロにされたのですがwwwwwwwww
猿は猿を呼びその群れで兵器の開発などできないんだよね

2018/08/23(木)21:45:39.71(B+MX2VzZ.net)


186ニュースソース検討中@自治議論スレ [sage]

AAS

NG

猿界では高性能の兵器を作るが目的にならず自分が発案した兵器を採用させ
サルの群れでの自分の順位を上げるが目的になるんだよな
身近じゃないアメリカとの戦争より身近な群れ内抗争優先にwwwwww
当然戦争にはズタボロに負ける

2018/08/23(木)22:00:40.01(B+MX2VzZ.net)


187名無しのひみつ

AAS

NG

結果が「さっぱり」であっても
全ての探査手順をトラブルなくこなせれば、次の計画に繋がる。
どうか、がんばって下さい。
インチとメートルとか;と:の間違いとか
しょうもないミス起因で失敗しませんように。

2018/08/27(月)20:24:03.01(sb0sqWAFW)


188名無しのひみつ

AAS

NG

インパクターで表層飛ばしても水分発見できなかったら
予定通りのサンプル回収だけして帰路につけよ。
決して難易度の超高い両極部への着陸とか狙うなよ、絶対だぞw

2018/09/24(月)23:37:15.72(oXGynh+pw)


189ニュースソース検討中@自治議論スレ

AAS

NG

太陽系各惑星に探査ロボットを送り込もう
そして人型探査ロボットで

2018/10/07(日)09:54:48.54(q2PaDodU.net)


190ニュースソース検討中@自治議論スレ

AAS

NG

自転や軌道によっては地表にないだろね。影がなくても地中はあるかも

2018/10/07(日)19:36:56.16(0QRIL2UV.net)


191ニュースソース検討中@自治議論スレ

AAS

NG

ドイツがやってんじゃねーの?
動画であったけど。

2018/10/07(日)21:44:26.57(LcdsGWJ5.net)

名前

メール

本文