クイックメニュー
スレタイ検索

2019年5月 徳仁雅子問題 これが天皇皇后?

1名無しさま
AAS
廃止しかないだろう
人工テロを企んでいる可能性がある
もうすでに2018年の時点でテロを数回やっているだろう 北海道九州
この訪問で印象を作る為にテロをしている可能性すらある
ネットで色々知っている人間よりも、テレビしか見ない人間を視野にテロ後の訪問印象作り

2018/09/27(木)15:02:32.76(iku9lc3n.net)


551名無しさま [sage]

AAS

NG

美智子さま「私の60年は何だったのでしょうか・・・」悲痛すぎる懊悩肉声
◆ 美智子上皇后、宮内庁「天皇皇后両陛下」、末盛千枝子
女性自身(2020/07/14), 頁:29


今回の「お友達」は、ミテコと持ちつ持たれつ60年の末盛千枝子だった
まだ微熱がどうしたとか言ってるよ。

世間が大変で誰も美智子の相手してくれなくなると
あっちいてえこっちいてえと言い出すんだよ
大震災のときもそうだった
日本中が上へ下への大騒動なのに、肩がいてえだの首がこるだのw
同情クレクレ乞食、見苦しくて反吐が出る

末盛千枝子
美智子ババアの親友()のカトリック信者が代弁かよwww

美智子はいつも他人の口を使って、言わせる
こういうマスゴミ操作ってアリかしらね?

目立ちたがり屋のお出掛け好きな婆だから
生前退位を後悔してるんでしょw

美智子夫婦は皇室を薄っぺらで安物にしただけの日本一の老害
自分が一番病とドス黒い嫉妬心がトグロを巻いて世にも醜い容貌ができた

ズラを取って総入歯を外したその顔が婆さんの60年の答えよw

意地悪な貴女の60年より、雅子妃の10何年かを返してあげて

[全て表示]

2020/07/02(木)04:08:58.25(nsfjSMi1.net)


552名無しさま [sage]

AAS

NG

美智子さま「私の60年は何だったのでしょうか・・・」悲痛すぎる懊悩肉声
◆ 美智子上皇后、宮内庁「天皇皇后両陛下」、末盛千枝子
女性自身(2020/07/14), 頁:29

美智子さま−「85才の不慣れな新居」不安で続く「原因不明の微熱」
◆ 美智子上皇后、高輪皇族邸(仙洞仮御所)、ストレス、養蚕
女性セブン(2020/07/16), 頁:28


女性自身に続いて女性セブンまでミテコのアゲアゲ記事www
これは皇居奪還計画ね

旧高松宮邸をぶんどって、7億もかけて改築して、
至れり尽くせりの環境で、大量の医師団がいて、何が不慣れだ!!

テメーがPR兼ねて見物に行った避難所の生活はそんなもんじゃないよ。

Q「私の60年は何だったのでしょうか・・・」
A. 浪費、贅沢三昧(税金の無駄)、美談のゴリ押し、言論弾圧、キコ以外の全ての女性皇族への執拗なイジメ

60年そんなことしかしてないわよねw 歴史上の誰も、世界中の金持ちでも使わないくらい金使いまくって、
自分ファーストでしか生きて来なかったのに、ずーっと満たされない人生なのかしらね

雅子皇后陛下が天皇陛下から愛されているのがわかるから、余計に嫉妬するのねw
美智子や紀子は言い方悪いけど、手を付けた女を嫁さんにしてやったぐらいの感じだし

今回の「オトモダチ」は、昔からの取り巻き編集者。
私の悲痛を報道して頂戴と美智子が依頼したのでしょう

美智子は他人の口を借りて言わせるところが、いやらしいと
[全て表示]

2020/07/02(木)04:18:14.07(nsfjSMi1.net)


553名無しさま [sage]

AAS

NG

紀子さまとマスコミのホットラインの存在が明らかに  報道の自由脅かす秋篠宮家の圧力

現在、恋人の眞子さまを一人日本に残し、ニューヨークのフォーダム大学で留学生活を続ける小室圭さん。
永らく、その留学生活の実態は謎に包まれていたが、現在、フォーダム大学が公開しているポッドキャストのラジオ番組で
インタビュアーを務め、また執筆した論文がアメリカの専門誌に掲載されるなど、その活躍に注目が集まっている。

こうした中、長女眞子さまの恋人の活躍に秋篠宮ご夫妻もさぞ喜ばれているかとおもいきや、実はそうでもないようだ。
今週発売された週刊誌『女性自身』(2020年7月14日号)は、
小室圭さんの活躍を快く思われない紀子さまの複雑な心境について報じている。

同紙記事によると、眞子さまと小室圭さんの結婚に反対している紀子さまは、現在の小室圭さんの活躍を
礼讃するマスコミ報道を不快に感じられており、さらには、宮内庁職員を通じて
「小室圭さんの活躍を称賛し過ぎないように」と報道に対して圧力を掛けられているという。

眞子さまの結婚問題を取り上げる際に、小室さんのことを過度に美化しないでほしい―。
最近になって宮内庁職員から、ひそかにそういった要望を受けたのです。もちろん
公式の要請ではなく、あくまで内内の依頼ではあったのですが…。(『女性自身』2020年7月14日号)

今回の『女性自身』の報道を受け、ネット上では
「紀子さまとマスコミとのホットラインの存在が明らかになった」と話題にもなっている。

「これまでも、しばしば紀子さまがマスコミに対して報道圧力を掛けているという噂は囁かれており、
また、宮内庁も記者会見やHPなどでマスコミの報道に対して、注意喚起を行ってきました。

ですが、今回『女性自身』が報じたのは、紀子さまが宮内庁職員を通して直接的に報道内容に関して
注文を行ったということですから、まさにこれまで噂されてきた紀子さまとマスコミとのホットラインの存在を
裏付ける記事であったと言ってよいでしょう」

また、『女性自身』は先の記事にて、研究者として優れた業績を残せていない紀子さまが、全文英語で
書かれた小室圭さんのハイレベルな論文とその評価に対して劣等感を持たれているということも示唆している。
[全て表示]

2020/07/03(金)03:36:48.25(JWAIX+Wc.net)


554名無しさま [sage]

AAS

NG

佳子さまが「就職せずダンス」「ご公務選り好み」で女性宮家問題は、さらに先送り

小室佳代さん「眞子さまと結婚したら高輪皇族邸に住めますか?」と宮内庁に問い合わせ

紀子さま、レティシア王妃から「無視」されショック!  雅子さまとの「歴然たる差」が明るみに

紀子さまご実家の「交友関係」を、宮内庁が、懸念!パチンコ業界など、グレー社会との繋がりが問題に

眞子さまが、紀子さまの「教育方針」に、不満爆発!    「なんで、佳子だけは、ヤリタイ放題なの!?」

紀子さま「涙」の後悔! 「眞子と佳子の“子育て”に失敗しました。せめて、悠仁だけでも・・・」と弱気発言

眞子さま、佳子さまが、「恋愛番組バチェラー」にハマる   小室圭さん思い出して、「目を腫らされる」ことも

紀子さま、祝賀パレードで「写らなかった理由」が、明らかに   「国民の視線が辛い…」と、吐露される一幕も

紀子さまが「愛子天皇待望論」を牽制  「これ以上、無駄な世論調査は、控えて下さい」と要望  

紀子さま悲鳴! 相次ぐ与党議員の「愛子さま待望論」に頭抱える 「小室圭さえ…」と愚痴

紀子さま、自民党議員の「女系天皇容認」に激怒! 「政府に裏切られました…」と涙

悠仁さま、佳子さまと「ご公務」へ     愛子さまへ「対抗心」燃やす紀子さま

眞子さま婚約騒動、NHKに情報をリークしたのは、秋しのの宮さまだったのか

美智子さま「愛子さま人気」を最警戒!  「目立ちすぎる「」とご叱正

女性宮家議論が活発化  小室圭さんの留学は「時間稼ぎ」か

[全て表示]

2020/07/04(土)02:00:44.04(C3qcuG9o.net)


555名無しさま [sage]

AAS

NG

紀子さまと川嶋教授を激怒させた秋篠宮殿下タイ愛人疑惑 「事実無根」と否定するも理解得られず

眞子さまが恋人の小室圭さんとの結婚問題に関して先行きの見えない状態にある中、
秋篠宮ご夫妻は先月6月29日に結婚から30年を迎えられた。

現在、週刊誌やネットメディアなどでしばしば不仲説も囁かれるご夫妻であるが、
以前にも何度かトラブルが発生し、離婚の危機が噂されることさえあったようだ。

その多くが秋篠宮殿下の女性関係における「だらしなさ」が原因であったというが、中でも最も
深刻な状況となったのが、1996年に週刊誌で盛んに報じられた秋篠宮殿下のタイ愛人疑惑である。

1996年にクリントン大統領が訪日した際、宮中晩餐会が開かれた。
しかし、その会を欠席し、秋篠宮殿下はナマズの研究のタイへ行っていたということが発覚した。

殿下にはかねてからタイに愛人がいると噂が立っていたこともあり
週刊誌は各紙はタイで密会かと書きたて、現地まで記者を飛ばしたところもあった。

また、同じ頃に、ご夫妻が激しい夫婦喧嘩をされ、紀子さまが家を出られたという噂も流れた。
これが事実であるとすれば、まさに離婚寸前の危機であったと言える。

この秋篠宮殿下の愛人疑惑は、最初に『週刊新潮』が報じ、その後複数の週刊誌メディアにより
次々に報じられることとなる。代表的なものをいくつか挙げると次のようなタイトルの記事がズラリと並ぶ。

「秋篠宮殿下 度重なる“タイ訪問”に流言蜚語」『週刊新潮』(1996年4月18日号)
「秋篠宮殿下 “クリントン大統領歓迎晩餐会”欠席の理由は“ナマズ見物”」(『週刊文春』1996年4月18日号)

「紀子さまを悩ませる“秋篠宮さま、タイ美人と”報道」『週刊女性』(1996年4月30日号)
「紀子さま“殿下とタイ美人”報道に、ご心痛」『女性自身』(1996年4月30日号)

「天皇家激震!“秋篠宮さまに親しいタイ美人”報道 」『女性セブン』(1996年5月2日号)
[全て表示]

2020/07/12(日)03:11:14.90(33iwRZUK.net)


556名無しさま [sage]

AAS

NG

紀子さま、眞子さま結婚への反対は女性宮家のため時間稼ぎか

紀子さまは悠仁さまのご誕生以来、“将来の天皇”を育てる責任を一身に背負われてきた。
悠仁さまの隣にはいつも紀子さまのお姿があり、時に「母子密着」と報じられた。

「悠仁さまに強い愛情を注がれる紀子さまは、悠仁さまの将来を案じられるお気持ちも強い。
眞子さまと佳子さまには、皇室に残って悠仁さまをそばで支えられることを期待されていると聞きます」

女性宮家が創設されれば、姉妹で悠仁さまを支えることができるだろう。眞子さまと佳子さまそれぞれが、
宮家の当主となられ、“2つの宮家”で悠仁さまの天皇家をバックアップする。
それが、紀子さまの描かれる未来像なのだ。しかし、ハードルは高い。

「もし眞子さまと小室さんの結婚が成立する前に女性宮家が創設されれば
小室さんが“皇族入り”する可能性もあります。

さらに、悠仁さまが将来、子供を授からなければ、眞子さまと小室さんの子供が
天皇となることすらあり得ます。そうした状況を、果たして国民は受け入れられるでしょうか」

ある皇室関係者は「紀子さまは、旧皇族との縁組も視野に入れ、その後に女性宮家が作られる想定をされていた」と言う。

「紀子さまは、眞子さまや佳子さまの将来の伴侶について、“理想のお相手”を口にされたことがありました。
その中で、“相応のお家柄”の男性がふさわしいというお考えを見せていたそうです。そのお考えは
いまも変わっておらず、“小室さんとの結婚はあきらめて、ほかにいい人が見つからないか”と思っていらっしゃるようです」

しかし、そこで大きな壁となるのが、眞子さまと佳子さまおふたりのお気持ちだろう。

「おふたりは私的な部分において、自主性を大切にする教育を受けてこられました。できるだけ自由に、
一般人とも差がつかないように育てられてこられたのです。

ところが、女性宮家が創設され皇室に残るよう求められれば、一転して自主性を奪われることになる。
[全て表示]

2020/07/13(月)21:18:41.71(6YWUs1cu.net)


557名無しさま [sage]

AAS

NG

紀子さま“皇室入り”を唯一歓迎された美智子さま 「自分より地位の低い人間を入れたかった」

美智子さま「紀子さんは私の引き立て役にすぎません」 「貧富の差」を見せつけるための結婚承認の事実浮上



これが美智子ババアの本音だな

雅子皇后陛下や愛子さまの人気に嫉妬し、自分が一番目立ってないと気が済まない美智子ババアはクズすぎる

人気のない眞子や佳子や紀子には、全く嫉妬しない美智子ババアwwwwww

2020/07/15(水)23:39:59.29(YsZkcbRI.net)


558名無しさま [sage]

AAS

NG

紀子さま「愛子さま追放」を模索 「女性宮家は眞子と佳子に」の深い慈悲と親子愛

「今年四月より学習院大学へ入学された愛子さまは、現在、オンライン授業を受けていらっしゃいます。
第二外国語にスペイン語を選ばれたことなどが報じられていますが、やはり一番の話題は
“愛子さまの恋の行方”であることに異論はないでしょう。

紀子さまもこのことに大変関心が深く、ご知人とお電話で『私も殿下と学生時代に出逢いました。
愛子ちゃん、大学でイイ男が見つかるといいね。今は学生結婚も珍しくないのですから、
眞子のことなど気にせず早くゴールして欲しい』と語っていたとか。

思えば清子さまと黒田さんを結び付けたのは秋篠宮ご夫妻の“ご配慮”があればこそでした。
愛子さまと未来の彼氏のキューピット役に、紀子さまが一肌脱がれるのかもしれません。
そうなれば本当に感動的な心温まるエピソードになると思います」(秋篠宮家関係者)

しかしこのような紀子さまの言動に、さる宮内庁関係者は不快感を隠さない。

「紀子さまは愛子さまの幸せを祈られながらも、同時に『悠仁さまのライバルは早く退場して欲しい』
という意図が透けて見えます。女性天皇については安倍官邸は慎重論を崩していませんが、
女性宮家については既に容認論が出ており、愛子さまが何らかの形で皇室に残られる可能性は高い。

にもかかわらず、そのような議論が深まる前に、皇籍離脱を伴う結婚を急かすというのは、
紀子さまが“愛子さま追放計画”を練っているとも受け取られかねません。」

悠仁さまを立派な天皇に育て上げることが、国母となる紀子さまの悲願だ。
しかし現行の皇室典範に基づくならば、男系男子にのみ皇位継承権が認められ、
女性皇族は結婚とともに皇籍離脱しなければならない。

30年後の皇族は「悠仁さまお一人だけ」になってしまう恐れもあり、そうなれば
皇統断絶はもちろんのこと、皇室活動そのものが活動機能不全に陥ってしまう。

[全て表示]

2020/07/15(水)23:44:46.59(YsZkcbRI.net)


559名無しさま [sage]

AAS

NG

「秋篠宮家の“適性審査”には正直に申し上げて懸念があります。
多くの人も、小室圭さんの事を念頭に浮かべると不安になるのではないでしょうか。

宮家は元々、宮内庁からの干渉を嫌い、小室さんの身辺調査もロクに行わなかったため、後になって
小室家の不祥事が続々と報じられて、現在もその落とし前を着けられずに苦しんでおられます。

かといって、佳子さまのお相手だけに厳重な調査をするなどとなれば、
佳子さまも強く反発なさるでしょう。

遠からずご婚約、という話の信憑性がどこまでかはわかりかねますが、いずれにしろ、
佳子さまのご結婚もそう簡単な道では無いように拝察します」(皇室ジャーナリスト)

2017年、秋篠宮殿下のお誕生日会見で小室さんの印象について記者に問われ、
「小室さんのピアノを聴きたいと話をしましたところ,快く応じてくださり
小室さんの優しいピアノの音色を聴きながら
私たちは心和むひとときを過ごしました」とお答えになられた紀子さま。

その後の経緯を鑑みれば、紀子さまの“審美眼”には不安を感じざるを得ない。



紀子の“審美眼”www

2020/07/27(月)00:41:37.47(eoNv3mCS.net)


560名無しさま [sage]

AAS

NG

佳子さまに結婚報道 恋人と真剣交際で「就職しない」と

秋篠宮家の次女・佳子さまが、結婚を視野に入れてある男性と交際していることを
「週刊女性」2020年8月4・11日号(主婦と生活社)が報じた。

佳子さまは昨年3月に国際基督教大学(ICU)を卒業され、現在25歳。

就職や進学をしなかったことから
昨年10月に学生時代から練習に励んでいるダンスの発表会に出演された際には
「ダンスの前に公務では?」といったバッシングが噴出していた。

だが同誌によれば、佳子さまが進学も就職もされなかったのは
結婚を視野に入れた交際相手がいることが理由だという。

佳子さまの恋人は同時期にイギリスのリーズ大学に留学をしていた男性で
都内の理系大学出身。留学中も二人はよく行動を共にしていたそうだ。

佳子さまと交際相手は、姉の眞子さまと婚約者・小室圭さんの問題に
決着がついてから婚約をする予定だという。

だが、 もしそのような順序が重要視されるとすれば、
すんなりと事態は動かないのではないか。

2020/07/27(月)00:46:02.44(eoNv3mCS.net)

名前

メール

本文