クイックメニュー
スレタイ検索

超高層ビルを語るスレ

1名無しさん@お腹いっぱい。
AAS
タイトル通り、超高層ビルのみ語るスレです。

2018/11/23(金)21:03:19.61(wPNz9v2z.net)


138名無しさん@お腹いっぱい。

AAS

NG

東京駅周辺の200m以上の超高層ビルの竣工予定
名称 高さ 階数 場所 竣工予定
OH-1計画B棟 200m 40F 千代田区大手町一丁目 2020.2
東京駅前常盤橋プロジェクトA棟 212m 40F 千代田区大手町二丁目 2021.4
八重洲二丁目北地区 240m 45F 中央区八重洲二丁目 2022.8
日本橋一丁目中地区 287m 49F 中央区日本橋一丁目 2025年度
八重洲一丁目東地区 250m 50F 中央区八重洲一丁目 2025年度
八重洲二丁目中地区 240m 46F 中央区八重洲二丁目 2025年度
東京駅前常盤橋プロジェクトB棟 390m 61F 千代田区大手町二丁目 2027.9
八重洲一丁目北地区 235m 45F 東京都中央区八重洲一丁目 2035年度

2019/06/02(日)15:17:18.86(9CvAkChD.net)


139名無しさん@お腹いっぱい。

AAS

NG

大阪には、梅田がある
大阪には、難波がある
大阪には、御堂筋がある
大阪には、淀川がある
大阪には、中之島がある
大阪には、大阪城がある

東京には、あるだろうか
東京には、ない

だから私は、大阪に生きる
だから世界は、大阪を目指す

東京には、夢がない
東京には、歴史がない
東京には、文化がない
東京には、人情がない
東京には、笑いがない
東京にあるのは、冷徹なアンドロイド
東京にいるのは、人間ではない

大阪には、すべてがある

東京は、忖度する
東京は、捏造する
東京は、虚勢する

私は、ありのままでいたい
私は、ありのまま生きる

[全て表示]

2019/06/02(日)20:59:08.14(58AWRmx5.net)


140名無しさん@お腹いっぱい。

AAS

NG

>>138
東京駅周辺の超高層ビルが新宿を超えてきたね

2019/06/03(月)19:25:07.44(IxUpEOtL.net)


141名無しさん@お腹いっぱい。

AAS

NG

>>138
今でも超高層ビルの密度は日本一の超高層ビル街だけど
高さでも日本一になりそうな勢いだねさすが東京都心の中心部だね
たまたま空き地があってそこに計画的に建てた新宿副都心とは違うね

2019/06/05(水)06:24:00.37(syYfoJQw.net)


142名無しさん@お腹いっぱい。

AAS

NG

>>141
なんか知らないけど、
新虎通り整備されて、
古びた飲み屋街が消えていくのがなんとも。

神田もネオン街が再開発されるというし、
なんか複雑だな。

2019/06/06(木)22:22:32.51(RgBQfv1J.net)


143名無しさん@お腹いっぱい。

AAS

NG

>>142
確かにそのとおりで、虎ノ門ヒルズと心虎通り(環状2号)ができて
あの辺は大きく変わったね、通りの南側は小さな飲み屋が消えた
こんなのは再開発には付きものだが寂しいよね

でも、丸の内や大手町は綺麗になったし上品な商店街も増えた

2019/06/06(木)23:00:08.73(033vFocy.net)


144名無しさん@お腹いっぱい。 [sage]

AAS

NG

たしかに

2019/06/10(月)06:59:08.83(Q/G8e12R.net)


145名無しさん@お腹いっぱい。

AAS

NG

>>135
東京駅駅前広場で両側の交通広場を除いた中央の広場の正式名称が「丸の内中央広場」だよ
その先にある「行幸通り」は幅員が73mもあり、中央部は馬車道だけど
外国大使の信任状捧呈式の際の馬車列などで使用していなければ、歩道として使える
https://www.youtube.com/watch?v=1-nzy_BDp9w
広場と通りのデザインを合わせている所が良いね
それにレンガ駅舎と超高層ビル街のコントラストも最高だよ

2019/06/11(火)23:45:29.37(UnDmen2Y.net)


146名無しさん@お腹いっぱい。

AAS

NG

>>138
行幸通りから見る東京駅レンガ駅舎の背景が
空ではなく超高層ビルで埋まるような感じだね
それも景色としてありだと思う

2019/06/13(木)09:39:00.29(yAY1z8m0.net)


147名無しさん@お腹いっぱい。

AAS

NG

2019/06/17(月)09:31:12.92(eiEYF9ll.net)

名前

メール

本文